骨董アンティーク 大人がハマるホビー 高額査定の買取コム

着物 洋食器 骨董 大人の趣味の査定買取はお任せ下さい。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 金欠病発症中 古銭 旧1円金貨編 買取コム | main | ラーメン、つけ麺、僕・・・  龍野焼 孔雀釉編 買取コム >>

色々な色を色々と・・・ マイセン プラチナコバルト編 買取コム

0

    中学時代に美術が10段階評定で2でした!
    こんばんはDです(・∀・

    みなさんはどのような色が好きでしょうか?
    わたしは基本緑、青系統の色が好きです!

    エメラルドグリーン、セルリアンブルーがそれぞれ1番でしょうか。
    群青色なんかもアリですね!
    好きすぎて、メールアドレスにも使うくらいです。


    さてさて・・・そんな今回は、わたしの好きな色が使われている一品を





    ☆マイセン プラチナコバルトカップ&ソーサーです☆

    1960年に現代マイセンの提案のために設立された
    「芸術の発展をめざすグループ」(五人組)の
    マイセン芸術家集団のリーダー的存在であった
    ルディ・シュトレ(1919-1996)とH.ヴェルナーの合作です。

    天文学と数学を愛したシュトレは
    幾何学的文様のデザインが特徴的で
    商品化がひじょうに難しく、
    このマイセンのプラチナコバルトは
    数少ない彼のオリジナルデザインです。

    星座のようにみえるグラフィカルなタッチは
    天文学を好んだシュトレらしい作風といえます。
    ボカシを多用したコバルト地に色変わりを嫌って
    贅沢にもプラチナ彩で動物たちが
    それぞれ異なるモチーフで描かれています。






    すばらしい色の使い方な一品ですね〜

    ちなみにわたしが絵の具などを混ぜて色を作ると、
    どんな物でも青系になります(=∀=;
    そしてそれを絵に使うと・・・

    ピカソも真っ青になる物が完成します!(・∀・)

    さすが美術2・・・



    このマイセンの食器を、現在高価買取中です!
    お持ちの方はぜひご一報ください。
    お電話1本から無料で査定をさせていただき、
    お値段が折り合えば、お買取させていただきます。



    また、このような品物の他にも、骨董・着物・アンティーク等買取してますので、
    何かございましたら是非ご一報ください!


     人気ブログランキング






    骨董品・アンティークの買取ご相談はこちらまで
    TEL 0120-9898-86

    神戸リサイクルはこちら
    大阪リサイクルはこちら

    筆:D

    - | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    トラックバックURL
    http://antiquebuy.jugem.jp/trackback/91
    トラックバック