骨董アンティーク 大人がハマるホビー 高額査定の買取コム

着物 洋食器 骨董 大人の趣味の査定買取はお任せ下さい。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

【土田 麦僊】 ☆買取コム

0
    こんにちわ、担当Sです (=゚ω゚)ノ 

    今回は土田 麦僊です。

    1887年の今日は土田 麦僊の誕生日であります。

    土田 麦僊は大正〜昭和期の日本画家である。

    明治20年(1887年)、新潟県佐渡郡新穂村(現佐渡市新穂)の農家の三男として生まれる。
    本名は金二。
    哲学者の土田杏村は弟(茂)である。
    明治37年(1904年)、竹内栖鳳に弟子入り。
    明治44年(1911年)、京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)を卒業している。
    同年には小野竹喬らとともに前衛的な絵画運動の会である仮面会(ル・マスク)を結成。
    黒猫会に参加。
    文展には在学中の明治41年(1908年)から出品していた。
    この頃の作品にはゴーギャンの影響が見られる。

    大正7年(1918年)、麦僊は同じ京都市立絵画専門学校出身の同士であった村上華岳、榊原紫峰、小野竹喬、野長瀬晩花とともに国画創作協会を旗揚げした。
    同会は、伝統的な文展の審査のありかたに不満をもった若手日本画家たちが西洋美術と東洋美術の融合と新しい日本画の創造を目指して結成したもので、近代における日本画革新運動の代表的なものとして日本美術史上重視されている。
    同会は大正7年(1918年)の第1回展を皮切りに、昭和3年(1928年)までに東京および京都で計7回の展覧会を開催したが麦僊は第1回展に出品した『湯女図』(ゆなず)をはじめとして毎回意欲作を出品し、国画創作協会の中心的存在であった。

    麦僊はルノワールやゴーギャンに傾倒し、伝統的な日本画に西洋絵画の重厚なマチエールや合理的な空間把握、幾何学的な構図などを取り入れた新たな絵画の創造を目指していた。
    大正10年(1921年)、麦僊は竹喬、晩花とともに渡欧。
    約1年半に亘り、西洋絵画の研究と制作を行っている。

    麦僊にはコレクターとしての一面もあり、この渡欧中にルノワール、セザンヌなどの西洋絵画を収集している。
    現在、大原美術館にあるセザンヌの『水浴』は麦僊旧蔵品であり、彼が自らへの刺激とするため常に画室の壁に掛けていたものであるという。

    山南塾を主催し、小松均・福田豊四郎・北沢映月らが育った。

    ご自宅に、有名画家の絵画等御座いましたら、
    ぜひ【買取コム】までご連絡ください。
    高価現金買取させていただきます!




    筆:S
    【日曜】骨董/アンティーク/着物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

    【ホセ・グアダルーペ・ポサダ】 ☆買取コム

    0
      こんにちわ、担当Sです (=゚ω゚)ノ 

      今回はホセ・グアダルーペ・ポサダです。

      1852年の今日はホセ・グアダルーペ・ポサダの誕生日であります。

      ホセ・グアダルーペ・ポサダは、メキシコの画家でイラストレーター。

      ホセ・グアダルーペ・ポサダ作品−ドン・キホーテ
      1852年2月2日に、メキシコのアグアスカリエンテス(Aguascalientes)に生まれる。10代の若いときにトリニダッド・ポドロッソ(Trnidad Podroso)のアトリエで働き、リトグラフや彫刻の技術を学ぶ。
      1871年に、エル・ヒシテ(El Jicite)というアグアカリエンテスの新聞に政治漫画を書き始める。ポサダの政治漫画がその地域の有力政治家を怒らせたという理由で、エル・ヒシテが11紙で廃刊となる。その後すぐ、近くの都市のグアナフアト州のレオンに移る。1875年に政治漫画や広告ちらし等のイラストレーションの店を始める。「グアダルーペの聖母」など、歴史上の人物や伝説上の人物の絵も手がける。1883年、近くの中学校のリトグラフの非常勤講師となる。1888年のレオン付近を襲った大水害で、繁盛していたポサダの店は閉店となる。首都のメキシコシティーに移り、そこでの最初の常勤としての仕事は、「パトリア・イルストラーダ」(Patria Ilustrada)のでの作画であった。アントニオ・ベネガス・アロヨ(Antonio Venegas Arroyo)経営の出版会社で、かなりの作品を発表した。生涯3万点の版画作品を残し、現在でも、インターネット上で、発売されている。
      あまり裕福な生活を送っていたとはいいがたく、晩年は貧困の後、1913年1月20日に死去する。61歳であった。

      ご自宅に、有名画家の絵画等御座いましたら、
      ぜひ【買取コム】までご連絡ください。
      高価現金買取させていただきます!




      筆:S
      【日曜】骨董/アンティーク/着物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      【ルイ・アンクタン】 ☆買取コム

      0
        こんにちわ、担当Sです (=゚ω゚)ノ 

        今回はルイ・アンクタンです。

        1861年の今日はルイ・アンクタンの誕生日であります。

        ルイ・アンクタンは、フランスの画家。
        フランス東部で生まれ、1882年にパリに来て、レオン・ボナのアトリエで学ぶ。
        そのときにトゥールーズ=ロートレックと出会う。
        二人は後にフェルナン・コルモンのアトリエに移り、ファン・ゴッホ、エミール・ベルナールと親交を結んだ。

        1887年ごろ、アンクタンとベルナールは平坦な色面と黒く太い輪郭線を特徴とする様式を開発する。
        批評家エドゥアール・デュジャルダンによってクロワゾニスムと名付けられたこの様式は、ステンドグラスと浮世絵にヒントを得たものだった。
        アンクタンのクロワゾニスム作品としては『クリシー大通り 午後5時』があり、ファン・ゴッホはこの作品に着想を得て夜のカフェテラスを描いたとされる。

        のちにアンクタンは同時代の絵画動向に興味を失い、かわりにオールド・マスター(西洋伝統絵画)の方法を採用したため、一般には忘れられた存在となった。
        『リナルドとアルミダ』など1890年代半ば以降の作品は、とくにルーベンスの影響を強く受けた寓意画である。

        ご自宅に、有名画家の絵画等御座いましたら、
        ぜひ【買取コム】までご連絡ください。
        高価現金買取させていただきます!




        筆:S
        【日曜】骨董/アンティーク/着物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

        【ポール・セザンヌ】 ☆買取コム

        0
          こんにちわ、担当Sです (=゚ω゚)ノ 

          今回はポール・セザンヌです。

          1839年の今日はポール・セザンヌの誕生日であります。

          ポール・セザンヌは、フランスの画家。
          当初はモネやルノワール等と共に印象派のグループの一員として活動していたが、1880年代からグループを離れ、伝統的な絵画の約束事にとらわれない独自の絵画様式を探求した。
          セザンヌはモネら印象派の画家たちと同時代の人物だが、ポスト印象派の画家として紹介されることが多く、キュビスムをはじめとする20世紀の美術に多大な影響を与えたことから、しばしば「近代絵画の父」として言及される。

          後進への手紙の中で「自然を円筒、球、円錐として捉えなさい」と書き、この言葉がのちのキュビスムの画家たちに大きな影響を与えた。

          彼の肖像はその作品と共にユーロ導入前の最後の100フランス・フラン紙幣に描かれていた。

          セザンヌはピサロら印象派の画家とも交流があり、1874年の第1回印象派展にも出品しているが、やがて印象派のグループから離脱し、故郷の南仏・エクス=アン=プロヴァンスのアトリエで独自の探求を続けていた。
          印象派の絵画が、コロー、クールベらに連なる写実主義の系譜上にあるのに対し、セザンヌは自然の模倣や再現から離れ、平面上に色彩とボリュームからなる独自の秩序をもった絵画世界を構築しようとした。

          セザンヌは風景、人物、静物のいずれの画題の作品も多数手がけている。
          初期の作品にはドラクロワの影響が強く、ロマン主義的な傾向もみられたが、後半生に繰り返し描いた故郷の山・サント=ヴィクトワール山の風景や、晩年に描いた水浴群像などには主題に伴う物語性は希薄で、平面上に色彩とボリュームとからなる秩序だった世界を構築すること自体が目的となっている。
          西洋の伝統的絵画においては、線遠近法という技法が用いられ、事物は固定された単一の視点から眺められ、遠くに位置する事物ほど、画面上では小さく描かれるのが常であった。
          これに対し、セザンヌの作品では、複数の異なった視点から眺められたモチーフが同一画面に描き込まれ、モチーフの形態は単純化あるいはデフォルメされている。
          『台所のテーブル』を見ると、果物籠の上部の果物は斜め上から見下ろしているが、籠の側面は真横から描かれている。
          テーブル上のショウガ壺と砂糖壺・水指しは異なった視点から描かれている。
          テーブル面の角度やテーブルの手前の縁が描く線はテーブルクロスの右と左とでは異なっており、テーブル上、右端の梨は不釣合いに大きい。
          こうした、西洋絵画の伝統的な約束事から離れた絵画理論は後の世代の画家たちに多大な影響を与えた。
          モーリス・ドニは1900年に『セザンヌ礼賛』という絵を描いており、エミール・ベルナールは、1904年にエクスのセザンヌのもとに1か月ほど滞在し、後に『回想のセザンヌ』という著書でセザンヌの言葉を紹介している。

          セザンヌはサロンでの落選を繰り返し、その作品がようやく評価されるようになるのは晩年のことであった。
          本人の死後、その名声と影響力はますます高まり、没後の1907年、サロン・ドートンヌで開催されたセザンヌの回顧展(出品作品56点)は後の世代に多大な影響を及ぼした。
          この展覧会を訪れた画家としては、ピカソ、ブラック、レジェ、マティスらが挙げられる。
          また、詩人のリルケは、当時滞在していたパリでこの展覧会を鑑賞し、その感動を妻あての書簡に綴っている。

          ご自宅に、有名画家の絵画等御座いましたら、
          ぜひ【買取コム】までご連絡ください。
          高価現金買取させていただきます!




          筆:S
          【日曜】骨董/アンティーク/着物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

          【ホセ・デ・リベーラ】 ☆買取コム

          0
            こんにちわ、担当Sです (=゚ω゚)ノ 

            今回はホセ・デ・リベーラです。

            1591年の今日はホセ・デ・リベーラの誕生日であります。

            ホセ・デ・リベーラは、バロック期のスペインの画家。
            「フセペ・デ・リベーラ」(Jusepe de Ribera)とも称する。
            スペイン出身だが、主にナポリで活動した。

            リベーラはスペインの画家ではあるが、若くしてイタリアに渡り、生涯の大半をナポリで過ごして、ついに母国に帰ることはなかった。
            当時のナポリはスペイン副王の支配下にあり、いわばスペインの飛地領土になっていた。
            リベーラはナポリで代々の副王の庇護を受けつつ、聖人、殉教者などをカラヴァッジョ風の劇的な表現で描いた。
            イタリア人たちからは「スパニョレット」(小さなスペイン人)のあだ名で呼ばれたという。

            彼は1591年、バレンシア近郊のハティバ(シャティヴァ)に生まれた。
            修業時代のことはよくわかっていないが、記録から、1616年にはローマで画家として活動していたことがわかっており、かなり若い時にイタリアに渡ったものと思われる。

            作品の大部分は宗教画で、聖人、殉教者像を得意としている。
            明暗の対比を強調した画面構成、老いた聖人の衰えた肉体やたるんだ皮膚をも美化せずに容赦なく描写する写実表現にはカラヴァッジョの影響がうかがえる。
            『聖バルトロマイの殉教』(題名は『聖フィリポの殉教』とする資料もあり)はこうした画風の代表作である。

            代表作『えび足の少年』
            ルーヴル美術館が所蔵するこの作品は1642年に描かれた。

            「えび足」とは、この絵に描かれた少年の、不自由な右足を意味する。
            障害をもち、身長の伸びが途中で止まったと思われる少年は屈託のない笑みを浮かべ、鑑賞者の方を見つめている。
            少年の手には歩行用の杖とともに、1枚の紙片が握られ、そこには人々に施しを勧める言葉が読み取れる。
            この絵は単なる風俗画ではなく、カトリック信徒の務めとしての「慈善」を勧める意味があるものと思われる。

            ご自宅に、有名画家の絵画等御座いましたら、
            ぜひ【買取コム】までご連絡ください。
            高価現金買取させていただきます!




            筆:S
            【日曜】骨董/アンティーク/着物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

            【ラモン・カザス】 ☆買取コム

            0
              こんにちわ、担当Sです (=゚ω゚)ノ 

              今回はラモン・カザスです。

              1866年の今日はラモン・カザスの誕生日であります。

              ラモン・カザス・イ・カルボは、スペイン、カタルーニャの画家。
              カスティーリャ語読みではラモン・カサス。
              風刺画、上流階級の人々の肖像画で知られる。
              また、バルセロナの路上で抗議する人々を抑圧する様子を描いた作品で有名になった。
              グラフィック・デザイナーとしても、彼の描いたポスターや絵葉書が、カタルーニャの芸術運動であったモデルニスモ(カタルーニャ語:ムダルニズマ)を知らしめるのに貢献した。


              カザスはバルセロナで生まれた。
              同名の父ラモンはキューバで財を成し、母エリザはカタルーニャのブルジョワ出身だった。
              1877年、リョッジャ美術学校の教師で、当時肖像画家として有名だったジュアン・ビサンのスタジオで美術を学ぶために、彼は正規の教育課程を放棄した。
              1881年、まだ十代だったカザスは、ラバンス(L'Avenç)という雑誌の発起人の1人となった。
              1881年10月に発行された号には、バージェスの教会を描いたスケッチが掲載されていた。
              同じ10月、薬学を学ぶ学生であったいとこミケルに同行して、カザスは初めてパリに滞在した。
              一冬の間彼は、パリで画家カロリュス=デュラン(マネの影響を受けていた)のスタジオで学んだ。
              一方でラバンス誌のパリ特派員も務めていた。
              翌1882年、彼はバルセロナのサラ・パレース画廊でいくつかの作品を展示した。
              1883年、パリ、シャンゼリゼのサロンで、フラメンコ・ダンサーに扮した自画像を展示した(フラメンコを取り上げたのは、アンダルシアを旅行した際に、その文化に強い影響を受けたためである)。
              この作品で、彼はフランス芸術協会(Societé d'artistes françaises)の会員として招聘された。

              続く数年間、カザスは製作しながら秋と冬のほとんどをパリで過ごし、残りをバルセロナで暮らし、マドリード、グラナダへも旅した。
              1886年に描いた、マドリードの闘牛場の群衆の作品は、その後続く詳細な群衆画連作の最初となった。
              マドリード滞在時には、プラド美術館で古典絵画を学んでいる。
              同年彼は肺結核にかかり、バルセロナで静養し冬には快方に向かった。
              彼は人生のこの時期に出会った芸術家たち、ラウレア・バラウ、サンティアゴ・ルシニョール、ウジェーヌ・カリエール、ピエール・ド・シャヴァンヌ、イニャシオ・スロアガに影響を受けた。

              1889年、カザスとルシニョールはカタルーニャを旅行し、カザスが挿絵を、ルシニョールが文を書いた本Por Cataluña(カタルーニャをまわって、という意味)を共同制作した。
              2人はともにパリへ戻り、モンマルトルで生活した。
              そこには、画家で美術評論家のミケル・ウトリリョ(画家シュザンヌ・ヴァラドンの私生児モーリスを自分の子として認知したことで知られる)、スケッチ画家のラモン・カヌダスがいた。
              ルシニョールはこの時期に、バルセロナの朝刊紙ラ・バンゲリア(es)にてDesde el Molinoという連載を執筆し、カザスが挿絵を描いた。
              モンマルトル滞在時期に描かれたPlein AirやBal du Moulin de la Galetteには、ロートレックやスタンランの影響が見られる。
              フランス芸術協会会員であったカザスは、7月の審査を受けることなく、毎年2作をサロンに展示するようになった。

              1890年、カザスはルシニョール、彫刻家のエンリク・クララソとともに、サラ・パレースで展覧会を行った。
              この時期のカザスの作品は、アカデミックな様式とフランス印象派の中間に位置づけられた。
              のちにモデルニスモとして知られるようになるこの様式はまだ完全ではなかった。
              しかし鍵となった人々が互いを見知るようになり、バルセロナで成功したカタルーニャ人芸術家たちが次第に、パリで自らを確立しようとやってくるようになった。

              カザスの名声はヨーロッパや世界を介して広がり、マドリードやベルリン、シカゴ万博での展覧会で成功を収めた。
              一方で、ルシニョールやカザスを含むボヘミアンのサークルは、頻繁にバルセロナやシッチェスで自分たちの展覧会を開くようになった。
              カタルーニャでの活動が増えたことで、バルセロナに滞在することが多くなったが、カザスは毎年のサロンでの発表のためパリへ通い続けた。

              ご自宅に、有名画家の絵画等御座いましたら、
              ぜひ【買取コム】までご連絡ください。
              高価現金買取させていただきます!




              筆:S
              【日曜】骨董/アンティーク/着物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

              【トーマス・バンクス】 ☆買取コム

              0
                こんにちわ、担当Sです (=゚ω゚)ノ 

                今回はトーマス・バンクスです。

                1735年の今日はトーマス・バンクスの誕生日であります。


                トーマス・バンクスはイギリスの彫刻家。
                測量士を父に持つ。

                父親から絵画を習い、後に木彫り職人に弟子入り。
                余暇に彫刻を始めた。
                1772年に奨学金をもらいローマに行くが、その前までには、いくつかの作品を完成させていた。

                1779年にイングランドに戻ったが、古典的な詩に魅力を感じるようになり、以来それが彼のインスピレーションとなる。
                その後サンクトペテルブルクに渡り、彼の作品 ""Cupid tormenting a Butterfly""を購入したエカチェリーナ2世に雇われることになる。

                再びイングランドに戻り、力強く巨大な彫刻「ブリセイスを失ったことを嘆くアキレス」を完成させる。
                その後英国美術院の会員となる。

                彼の作品はセント・ポール大聖堂やウェストミンスター寺院にある。
                彼の制作したウォーレン・ヘースティングズの彫刻像はナショナル・ポートレート・ギャラリーにある。
                彼の最も有名な作品の一つである""Shakespeare attended by Painting and Poetry""は、ストラトフォード・アポン・エイヴォンにある。

                また、ホメロスのイリアスを主題にした作品がロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館に収蔵されている。

                ご自宅に、有名芸術家の彫刻等御座いましたら、
                ぜひ【買取コム】までご連絡ください。
                高価現金買取させていただきます!




                筆:S
                【日曜】骨董/アンティーク/着物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

                【フランソワ・クルーエ】 ☆買取コム

                0
                  こんにちわ、担当Sです (=゚ω゚)ノ 

                  今回はフランソワ・クルーエです。

                  1510年の今日はフランソワ・クルーエの誕生日であります。

                  フランソワ・クルーエは、フランス・ルネサンス期のミニアチュール画家・画家。
                  画家ジャン・クルーエの息子。
                  特にフランス・ヴァロワ王家の肖像を多く描いたことで知られる。


                  クルーエはトゥールで生まれた。
                  彼の名前が分かる最も古い記録は1541年12月、王がフランソワのために父の所領を、外国の所領と見なして国家に没収したことからわかっている。
                  この記録では、若いフランソワは芸術的に非常に密接な父に従うつもりだと述べている。
                  父親のように、彼は宮内官を務め、王直属の画家となっていた。
                  給料に関する限りでは、彼は父が職を辞してから仕事を始めていた。
                  多くの絵画が、しばしば完璧でなくとも、この作家の物と考えられる。

                  フランソワ・クルーエへの賞賛は当時の作家らに謳われ、彼の名は注意深く代々の王のもとに留め置かれた。
                  彼の物とされる作品の多くには、古風で絶えず受け継がれてきた伝統がうかがえる。
                  しかし彼の作品の原型であるという証明はいずれにもなく、常に受け取るべき報酬を記した記録の存在も知られていない。
                  ウフィッツィ美術館とルーヴル美術館にあるフランソワ1世の肖像画は、どちらも彼の手によるものだという。
                  彼はおそらくカトリーヌ・ド・メディシスの絵やその他の絵を描いている。
                  それらは全ての可能性において、他人の手を借りず、絵画の大多数が彼の手で描かれた彼の絵であるとされる。
                  最も目立つ作品の一つはスコットランド女王メアリー1世の肖像画で、チョーク画であり、現在はビブリオテーク・ナショナル収蔵である。
                  同じような特性を持つのはシャルル9世の2枚の肖像が、そしてシャンティイーにあるマルグリット王女の肖像画の一つである。
                  彼の傑作に数えられるのは、ルーヴル美術館にあるエリザベート・ドートリッシュの肖像画である。
                  この断片はクロード・レヴィ=ストロースに重要な印象を与えた。

                  クルーエはパリ市内、タンプル広場のアヴォイエ通りに住んだ。
                  1568年、クロード・ゴウフィエ・ド・ボワジーとその妻クロード・ド・ボーヌの後援を受けていたことが知られる。
                  他の不確かな事実として、フランソワ・クルーエは1571年に造幣局に召喚されたといわれる。
                  彼の意見が鋳造する硬貨に刻まれる王の肖像を作成するのに有効となった。
                  彼は、フランソワ1世のデスマスクを1547年に準備したのと同様に、予測不可能な事故で死んだアンリ2世のデスマスクを用意した。
                  葬儀に王の肖像が必要となることから彼の絵が準備されたのである。
                  2人の王の葬儀で、彼は教会の装飾に用いられる絵と、盛大な葬儀のための紋章旗とを創作した。

                  数作のミニアチュールは、彼の作品だと信じられてきた。
                  最も目を引く肖像は、ジョン・モルガン・コレクションにある、等身大の半分の大きさのアンリ2世像である。
                  その他には、サウス・ケンジントンのジョーンズ・コレクションにあるアンジュー公フランソワの肖像もクルーエ作と言われる。

                  フランソワ・クルーエは、1572年12月22日、聖バルテルミの大虐殺のすぐ後に亡くなった。
                  彼の遺言により、姉と、彼の2人の庶出の娘たちに、遺産の大部分を処分するようにという遺志が示され、未だ実在する。
                  彼の娘たちはまもなく修道女となった。

                  彼の作品は、全ての細部は精巧に仕上げられ、絵画全体の絶妙な完成度や、極端に画法が正確であるため突出している。
                  彼は高い知性、偉大な洞察力、猛烈に仕事に興味を感じること、絵画の中の人物の個性を表現する手腕を持つ男であった。
                  彼の色遣いは特別に目立つ物ではなく、彼の作品が特別に美しいとみなされもしなかった。
                  しかし、画法の完成度で彼はたぶん突出するだろう。

                  ご自宅に、有名画家の絵画等御座いましたら、
                  ぜひ【買取コム】までご連絡ください。
                  高価現金買取させていただきます!




                  筆:S
                  【日曜】骨董/アンティーク/着物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

                  【いわさきちひろ】 ☆買取コム

                  0
                    こんにちわ、担当Sです (=゚ω゚)ノ 

                    今回はいわさきちひろです。

                    1918年の今日はいわさきちひろの誕生日であります。

                    いわさきちひろは、こどもの水彩画に代表される福井県武生市(現在の越前市)生まれの日本の画家・絵本作家である。
                    左利き。つねに「子どもの幸せと平和」をテーマとした。

                    初期作品には、岩崎ちひろ、岩崎千尋、イワサキチヒロ名義で発表されたものが存在する。
                    夫は日本共産党元国会議員松本善明。
                    孫は絵本作家の松本春野。


                    終戦まで
                    1918年、雪の降る師走の朝にちひろは三姉妹の長女として生まれた。
                    岩崎家は当時としては非常に恵まれた家庭であり、ラジオや蓄音機、オルガンなどのモダンな品々があった。
                    父・正勝はカメラも所有しており、当時の写真が数多く残っている。
                    こども向けの本も多くあったが、それらはちひろの気に入るものではなかった。
                    ある時隣の家で絵雑誌「コドモノクニ」を見かけ、当時人気のあった岡本帰一、武井武雄、初山滋らの絵に強く心を惹かれた。
                    ちひろは幼少から絵を描くのが得意で、小学校の学芸会ではたびたび席画(舞台上で即興で絵を描くこと)を行うほどだった。

                    ちひろの入学した東京府立第六高等女学校(現在の東京都立三田高等学校)は、生徒の個性を重んじ、試験もなく、成績表も希望者に配布されるのみだったという。
                    ここでもちひろは絵がうまいと評判だった。
                    その一方で運動神経にも優れ、スキーに水泳、登山などをこなした。
                    距離を選択することのできる適応遠足では最長のコースを歩くのが常だった。

                    女学校二年(14歳)の三学期、母・文江はちひろの絵の才能をみとめ、岡田三郎助の門をたたいた。
                    ちひろはそこでデッサンや油絵を学び、朱葉会の展覧会で入賞を果たした。
                    ちひろは女学校を卒業したのち、岡田の教えていた美術学校に進むことを望んだが、両親の反対にあって第六高女補習科に進んだ。
                    18歳になるとコロンビア洋裁学院に入学し、その一方で小田周洋に師事して藤原行成流の書を習い始めた。
                    ここでもちひろはその才能を発揮し、小田の代理として教えることもあったという。

                    1939年(20歳)4月、三人姉妹の長女だったちひろは両親の薦めを断り切れずに婿養子を迎えることになった。
                    相手の青年はちひろに好意をもっていたものの、ちひろのほうではどうしても好きになれなず形だけの結婚であった。
                    6月にはいやいやながら夫の勤務地である満州・大連に渡ったが、翌年、夫の拳銃自殺という不幸な結果により帰国することになった。
                    ちひろは二度と結婚するまいと心に決める。
                    帰国したちひろは中谷泰に師事し、再び油絵を学び始めた。
                    再度習い始めた書の師、小田周洋は絵ではむりでも書であれば自立できると励まされて書家をめざした。

                    1944年(25歳)には女子開拓団に同行して再び満州・勃利に渡るが、戦況悪化のため同年帰国した。
                    翌年には5月25日の空襲で東京中野の家を焼かれ、母の実家である長野県松本市に疎開し、ここで終戦を迎えた。
                    ちひろはこの時初めて戦争の実態を知り、自分の無知を痛感する。
                    終戦の翌日から約一か月間の間にここで書かれた日記『草穂』が現在も残っている。
                    「国破れて山河有り」(杜甫)と記されたスケッチから始まるこの日記には、こうした戦争に対する苦悩に加え、数々のスケッチや自画像、武者小路実篤の小説『幸福者』からの抜粋や、「いまは熱病のよう」とまで書かれた宮沢賢治への思いなどが綴られている。

                    善明との出会いと画家活動
                    1946年(27歳)1月、宮沢賢治のヒューマニズム思想に強い共感を抱いていたちひろは、戦前、戦中期から一貫して戦争反対を貫いてきた日本共産党の演説に深く感銘し、勉強会に参加したのち入党した。
                    5月には党宣伝部の芸術学校(後の日本美術会付属日本民主主義美術研究所、通称「民美」)で学ぶため、両親に相談することなく上京した。

                    東京では人民新聞社の記者として働き、また丸木俊に師事してデッサンを学んだ。
                    この頃から数々の絵の仕事を手がけるようになり、紙芝居『お母さんの話』(1949年)をきっかけに画家として自立する決心をした。

                    画家としての多忙な日々を送っていたちひろだが、1949年(30歳)の夏、党支部会議で演説する青年松本善明と出会う。
                    彼らは党員として顔を合わせるうちに好意を抱くようになり、ある時ちひろが言った何気ない言葉から、二人は結婚する決心をした。
                    翌1950年1月21日、レーニンの命日を選び、彼らは二人きりのつつましい結婚式を挙げた。
                    ちひろは31歳、善明は23歳であった。

                    結婚にあたって二人が交わした誓約書が残っている。
                    そこには、日本共産党員としての熱い情熱と、お互いの立場、特に画家として生きようとするちひろの立場を尊重しようとする姿勢とが記されている。

                    1950年、善明はちひろと相談の上で弁護士を目指し、ちひろは絵を描いて生活を支えた。
                    1951年4月、ちひろは長男・松本猛を出産するが狭い借間で赤ん坊を抱えて画家の仕事を続けることは困難であった。
                    6月、二人はやむを得ず信州松川村に開拓農民として移住していたちひろの両親のもとに猛を預けることにした。
                    ちひろは猛に会いたさに片道10時間近くかけて信州に通った。
                    猛を預けてからも、当然ながら猛に与えるはずの乳は毎日張る。
                    初めのうちは自ら絞って捨てていたが、実際に赤ん坊に与えなければ出なくなってしまうのではないか、猛に会って授乳する時に充分出なくなってしまうのではないか、と懸念したちひろは、当時近所に住んでいた子どもが生まれたばかりの夫婦に頼み、授乳させて貰ったという(その乳飲み子は三宅裕司)。

                    善明は、1951年に司法試験に合格し、1952年4月に司法修習生となる。
                    ちょうどそのころ、練馬区下石神井の妹・世史子一家の隣に家を建て、ようやく親子そろった生活を送ることができるようになった。
                    善明は1954年4月に弁護士の仕事を始めて自由法曹団に入り、弁護士として近江絹糸争議、メーデー事件、松川事件等にかかわり、ちひろは夫を背後から支えた。

                    善明によれば、まだ司法修習生だった1954年、自宅に泥棒が入って私信を盗まれたり、執拗な尾行を受けたり、お手伝いとして住み込みで働いていた若い女性が外出中に誘拐され、ちひろの家族のことを事細かに聞かれたが隙を見て逃げ出したと語る出来事などがあり、一連の出来事を陰湿なスパイ事件であったがちひろは沈着冷静に対処していたと回顧している。

                    1963年、善明は日本共産党から衆議院議員(東京4区)に立候補し落選したものの、1967年に初当選。
                    ちひろは画家、1児の母、老親の世話、大所帯の主婦としての活動と並行して国会議員の妻として忙しい日を送ることになる。

                    童画家活動
                    1940年代から50年代にかけてのちひろは油彩画も多く手がけており、仕事は広告ポスターや雑誌、教科書のカットや表紙絵などが主だった。
                    1952年ごろに始まるヒゲタ醤油の広告の絵は、ほとんど制約をつけずちひろに自由に筆をふるわせてくれる貴重な仕事で、1954年には朝日広告準グランプリを受賞。
                    ヒゲタの挿絵はちひろが童画家として著名になってからもおよそ20年間つづいた。
                    1956年、福音館書店の月刊絵本シリーズこどものとも12号で小林純一の詩に挿絵をつけて『ひとりでできるよ』を制作。
                    これが初めての絵本となった。
                    こどものともでは同じく小林の文で『みんなでしようよ』も。

                    この頃ちひろの絵には少女趣味だ、かわいらしすぎる、もっとリアルな民衆の子どもの姿を描くべきなどの批判があり、ちひろ自身もそのことに悩んでいた。
                    1963年(44歳)、雑誌「子どものしあわせ」の表紙絵を担当することになったことがその後の作品に大きく影響を与える。
                    「子どもを題材にしていればどのように描いてもいい」という依頼に、ちひろはこれまでの迷いを捨て、自分の感性に素直に描いていく決意をした。
                    1962年の作品『子ども』を最後に油彩画をやめ、以降はもっぱら水彩画に専念することにした。
                    1964年、日本共産党の内紛でちひろ夫婦と交流の深かった丸木夫妻が党を除名されたころを境に、丸木俊の影響から抜け出し、独自の画風を追い始める。
                    「子どものしあわせ」はちひろにとって実験の場でもあり、そこで培った技法は絵本などの作品にも多く取り入れられている。
                    当初は二色もしくは三色刷りだったが、1969年にカラー印刷になると、ちひろの代表作となるものがこの雑誌で多く描かれるようになった。
                    この仕事は1974年に55歳で亡くなるまで続けられ、ちひろのライフワークともいえるものであった。

                    ちひろはハンス・クリスチャン・アンデルセンに深い思い入れをもっており、画家として自立するきっかけとなった紙芝居『お母さんの話』をはじめ、当初から多くの作品を手がけていた。
                    1963年(44歳)6月に世界婦人会議の日本代表団として渡ったソビエト連邦では異国の風景を数多くスケッチし、アンデルセンへの思いを新たにした。
                    さらに1966年(47歳)、アンデルセンの生まれ育ったオーデンセを訪れたいとの思いを募らせていたちひろは、「美術家のヨーロッパ気まま旅行」に母・文江とともに参加し、その念願を果たした。
                    この時ちひろはアンデルセンの生家を訪れ、ヨーロッパ各地で大量のスケッチを残した。
                    二度の海外旅行で得た経験は同年に出版された『絵のない絵本』に生かされた。

                    1966年、赤羽末吉の誘いでまだ開発の進んでいなかった黒姫高原に土地を購入し山荘を建てて、毎年訪れてはここのアトリエで絵本の制作を行うようになる。

                    当時の日本では、絵本というものは文が主体であり、絵はあくまで従、文章あってのものにすぎないと考えられていた。
                    至光社の武市八十雄は欧米の絵本作家からそうした苦言を受け、ちひろに声をかけた。
                    二人はこうして新しい絵本、「絵で展開する絵本」の制作に取り組んだ。
                    そして1968年『あめのひのおるすばん』が出版されると、それ以降ほぼ毎年のように新しい絵本を制作した。
                    中でも1972年の『ことりのくるひ』はボローニャ国際児童図書展でグラフィック賞を受賞した。

                    また当時、挿絵画家の絵は美術作品としてほとんど認められず、絵本の原画も美術館での展示などは考えられない時代であった。
                    挿絵画家の著作権は顧みられず、作品は出版社が「買い切り」という形で自由にすることが一般であったが、ちひろは教科書執筆画家連盟、日本児童出版美術家連盟にかかわり自分の絵だけでなく、絵本画家の著作権を守るための活動を積極的に展開した。

                    ちひろは「子どもの幸せと平和」を願い、原爆やベトナム戦争の中で傷つき死んでいった子どもたちに心を寄せていた。
                    1967年『わたしがちいさかったときに』は稲庭桂子の勧めで、作文集『原爆の子』(岩波書店版長田新編)と詩集『原子雲の下より』(青木書店版)から抜粋した文にちひろが絵を描いて出版されたもの。
                    1972年、童画ぐるーぷ車の展覧会に「こども」と題した3枚のタブローを出品。
                    これがきっかけとなって制作された、ベトナム戦争の中での子どもたちを描いた1973年の『戦火のなかの子どもたち』がちひろ最後の絵本となった。
                    1973年秋、肝臓癌が見つかる。
                    1974年8月8日、原発性肝臓癌のため死去。

                    没後
                    ちひろの没後も、ちひろの挿絵は様々な場面で用いられた。
                    そのひとつに1981年の窓ぎわのトットちゃん(黒柳徹子著、講談社)がある。

                    夫の善明と一人息子の猛はちひろの足跡を残すために、1977年9月、下石神井の自宅跡地にちひろの個人美術館としていわさきちひろ絵本美術館を開館。
                    1980年には、岩崎書店より『いわさきちひろ作品集』全7巻が出版された。
                    上笙一郎によれば、個人美術館開設と個人全集刊行は「日本の童画家として初めてのこと」であった。
                    やがて、ちひろ美術館はちひろの作品の収集展示という個人美術館の枠を超え、「絵本の美術の一ジャンルとして正当に評価し、絵本原画の散逸を防いで、後世に残していくこと」に目的をひろげて活動を展開。
                    絵本原画を残す活動に共鳴する作家らの協力もあって、作品の収集が進み下石神井のちひろ美術館は手狭になっていった。
                    1997年4月、長野県北安曇郡松川村に広い公園を併設した安曇野ちひろ美術館が開館する。

                    ご自宅に、有名画家の絵画等御座いましたら、
                    ぜひ【買取コム】までご連絡ください。
                    高価現金買取させていただきます!




                    筆:S
                    【日曜】骨董/アンティーク/着物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |

                    【エミール・シェフネッケル】 ☆買取コム

                    0
                      こんにちわ、担当Sです (=゚ω゚)ノ 

                      今回はエミール・シェフネッケルです。

                      1851年の今日はエミール・シェフネッケルの誕生日であります。


                      エミール・シェフネッケルはフランスのポスト印象派の画家、美術教師、美術品収集家。
                      ゴーギャンとも親交があり、また、ゴッホ作品の最初の収集家のうちのひとりであった。
                      1889年には、カフェ・ヴォルピーニでの作品展示の実現に助力した。
                      シェフネッケルの死後、彼自身の作品はあまり高く評価されてはおらず、さらに1920年代後半からは、ゴッホやセザンヌらの作品に筆を入れた、又は贋作を制作したのではないかと疑われ非難されることもあった。
                      これらの疑惑については未だ論争があるものの、はっきりとした結論は出ていない。


                      フランス、オート=ソーヌ県に生まれる。
                      父はエミールが2歳のときに亡くなる。
                      未亡人となった母と弟とともに、パリにほど近いムードンに移る。
                      ムードンには母の親類が住んでおり、母はそこで洗濯婦の職に就く。
                      その後、母方のおば夫妻の手で育てられパリのラ・サール会で教育を受けたのち、おじの事業を手伝うようになる。


                      ゴーギャンとは、美術学校アカデミー・コラロッシ(Académie Colarossi)で学んだ友人であった。
                      ゴーギャンは1887年11月頃、一時シェフネッケル家に寄宿していたことがあり、ゴーギャンによる「シェフネッケル家」という絵画が残されている。
                      エミール・ベルナールとも親交があった。

                      ご自宅に、有名芸術家の作品等御座いましたら、
                      ぜひ【買取コム】までご連絡ください。
                      高価現金買取させていただきます!




                      筆:S
                      【日曜】骨董/アンティーク/着物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - |